こちらはHonda インサイトの公式情報ページです。インサイトのさまざまな魅力をチェックいただけます。セルフ見積り、販売会社検索、試乗車検索、商談申し込みなど購入検討に便利なツールもご用意し

新型インサイトを割引して買う方法は? 口コミで人気のインサイトは値引きできる場合があるのをご存じですか? 新型インサイトについての割引はやや辛口な傾向にあります。 しかし、高価格帯であり、できれば値引きはトライするべきといえます。

流麗なセダンスタイルで登場したホンダ 新型インサイト。なぜ、セダンボディなのかを開発者に聞いてみるとともに、試乗や実燃費測定でその実力をチェックしてみました。

新型インサイトは、ホンダのスポーツハイブリッドの中でも高評価を得ている、2モーターの「i-MMD」を採用していますので、走行性能が向上されましたが、スピードが出やすくなると、どうしても事故率が高くなります。

インサイトはホンダのハイブリッド車です。 よくトヨタのプリウスとよく比較されますよね。 そんなインサイトですが、3代目となる新型インサイトがフルモデルチェンジして登場しました。

今回は新型インサイトの口コミ評価まとめです!いや~3代目のこの見た目は落ち着いていてかっこいいです!みなさんやっぱりシビックより上のランクが気になりますよね!内装も上質さを感じられて広い(トランクも充実)と口コミもかなりいい。これって結構他のセダン車と比べても評価

3代目新型インサイトが2018年12月14日に発売された。3世代の共通項は「ハイブリッド専用車」ということのみ。新型はミドルサイズのハイブリッド

2018年3月30日に開幕したニューヨークモーターショーで、ホンダ 新型インサイトが公開されました。2代目インサイトと大きく路線を変え、5ドア

ホンダ 新型インサイトの値引き難易度:d (a:甘い ~ e:厳しい) 発売初期であり、まだ値引きは厳しめと言えます。 ホンダ 新型インサイトの納期:少し長め. 納期:2ヵ月~3ヵ月; 発売前段階であり、納期は少し長めとなっています。

クリックして Bing でレビューする10:57

Mar 27, 2018 · ホンダ 新型 インサイト 2019 チャンネル登録はこちらから https://goo.gl/QyXFa2 ホンダ 新型 インサイトのボディサイズ ・全長×全幅×全高:4630×1798

著者: Test Car Drive

そして新型インサイトもそういったクルマです。 新型インサイトはシビック以上アコード未満の立ち位置と言われています。 しかしその値段で1.5lエンジンのクルマを買うでしょうか。

新型「インサイト」のスペック

新型インサイトの内装を大量画像でレビューします!内装のグレードによる違いはインテリアシートと前席のパワーシートの有無くらいでほとんどないんですね~。コックピットはホンダらしい運転しやすそうなデザインとなっていて、びっくりするのがシフトレバーがないんですよ!

新型インサイトは先代モデルとは全く違うデザインとなり、見た目がとても斬新な車となりました。 新型インサイトのフロントデザインは、品格がありかっこ良いデザインで大きな評判を集めています。 このページでは新型インサイトとはどういう車なのかや、どんな評判があるのかなどを

2018年12月14日より、新型インサイトが発売開始されます。今回のフルモデルチェンジで3代目へと世代交代した新型インサイト。注目の新開発2モーターハイブリッドやイメージを一新したデザインに!燃

ホンダから新型インサイトのカラー情報が報じられています! まだ市場に出てまもない車なのでこれからどんな色が人気のカラーになるのか楽しみな車ですね! デザインを一新した新型インサイトはこれから人気のカラーがどんどん固まってきますが、ここでは過去のホンダ車の人気カラーや

セダンタイプのハイブリッドカーといえばトヨタ「 新型カムリ 」が一般的ですが、先日ホンダが「 新型インサイト 」を発表しました。 旧型インサイトはハッチバック型でプリウスのライバルでしたが、今回はセダンとなりましたので両車を比較してみたいと思います。

Dec 18, 2018 · #新型インサイト #試乗 うまく一つの動画にまとめられなかったので前編と後編にわけてます。 今回は前編。街中でのドライブフィールがメイン

新型インサイトのリアイメージ. そして、2代目から4年を経て登場したのが3代目の新型インサイトです。ハイブリッドでありつつも、先代と異なるコンセプトを採用する新型インサイトは、もはやインサイトの伝統かもしれません。

ホンダ インサイトの新型情報や最新ニュースはもちろん、自動車批評のプロフェッショナルによる徹底的に乗り込んだ試乗記、気になる部分の

2018年の12月に復活したハイブリッド車の新型インサイトは、プリウスの様に燃費一辺倒ではなく、加速力や走りと言ったものにも力を入れています。もし、あなたが、新型インサイトの購入を検討しているのでしたら、今回の記事を読めば、新型インサイトの馬力とトルク、各ステージでの加速

新型インサイト のアクセサリーカタログなどで、オプションを選ばれると思いますが、どのオプションにするか迷ってしまうと思います。. そこでこの記事では、おすすめのオプションを5つと、必要無いかな?と思うオプションを2つ紹介していきます。

新型インサイトと4代目のfitへの妄想. ホンダhpを見ると3代目のインサイトの発売が今年の冬にあるそうな。ホンダhpのインサイトをパッと見た感じでの位置付けとしては、ハイブリッドの分類上ではアコードの弟でグレイスの兄貴分的な感じか?

クルマの概要. インサイトが日本市場で販売されるのは2014年以来約4年ぶりで 通算3代目のモデル となります。. 2代目インサイトが5ナンバーサイズの5ドアハッチバックだったのに対し3代目の新型では 3ナンバーのセダン へと大きく変貌を遂げました。. ホンダによれば、インサイトはちょうど

新型インサイトは走りの質を求めるべく、燃費の分を少し乗り心地や走り味に使い、走りのリニア感出すためにエンジン回転数をおさえていると

新型インサイトのプラットフォームは現行シビックのものをベースとしているが、エンジンと発電用/駆動用のモーターを備えるパワートレーンのサイズは大きくなり、エンジンルームのスペースの余裕はあまりなかったという。

新型インサイトが2019年よりマイナーチェンジを実行する予定です!!まだフルモデルチェンジをシたばかりですが、噂が出ていましたよね!っということで、今回はインサイトのマイナーチェンジ情報をまとめてご紹介!

新型インサイトはhondaセダンのベストバイか!? グーマガジンは中古車情報など車業界の情報が盛りだくさん!

この記事では、新型インサイトの色、価格、スペック、オプション、エコカー減税などの情報をまとめています。 新型インサイトの色・カラー紹介! こちらでは新型インサイトの色・カラーに何色があるか、そして人気のカラーはどれかについて紹介しています。

ホンダのハイブリッドカー『インサイト』が、アコードとシビックセダンの間をカバーするモデルとして4年ぶりに復活!ニューヨークモーターショー2018で新型の市販モデルをお披露目しています。ということで今回は、新型インサイトの内外装デザインやパワートレイン、グレード&価格

ホンダ インサイトの新車・中古車情報をまとめてチェック。インサイト新型モデルの最新ニュースや自動車ライターによる試乗記事を多数掲載。価格・性能・装備がわかるインサイトの諸元表で気になるグレードを詳しく比較。ユーザーレビューや値引きのクチコミ情報もあります。

2018年12月14日に発売されるホンダ・新型インサイトの気になる燃費や価格など、最新情報をお届けします。グーマガジンは中古車情報など車業界

この記事では、新型インサイトの口コミ、燃費、納車情報、試乗レビュー、値引き方法などの情報をまとめています。 新型インサイトの口コミ評価 評判まとめ 引用: こちらでは新型インサイトの口コミ評価・評判に関する情報をまとめさせていただきました。

ホンダが販売するミドルサイズセダン「インサイト」は、“機能美”にこだわったとうたう。機能性と美しさを両立したハイブリッドセダンを今、選ぶ理由を考えた。 ここのところ新型インサイトに試乗する機

ホンダが、ハイブリッドカー「インサイト」の復活日本発売を発表しました。 フルモデルチェンジし3代目になる新型インサイトのパワートレインや燃費、価格などを最新情報からご紹介します。

今回は、2018年12月14日に発売となった3代目新型ホンダ「インサイト」と「シビック セダン」の違いを、燃費性能・加速性能・車内の広さ・安全性能・価格など、各項目で徹底比較いたします。ボディサイズがほぼ同じである両車がどう違うのか!?試乗した上での所感も合わせてご紹介します。

引用元:ホンダホームページより 11月1日本田技研工業から、新型ホンダ・インサイトを2018年の冬に発売するというアナウンスがありました。 具体的な発売日は発表されていませんが、いずれにしても新型ホンダ・インサイトの購入を検討している人にとっては朗報であることには違いありませ

ホンダのハイブリッドカー『インサイト』が、アコードとシビックセダンの間をカバーするモデルとして4年ぶりに復活!ニューヨークモーターショー2018で新型の市販モデルをお披露目しています。ということで今回は、新型インサイトの内外装デザインやパワートレイン、グレード&価格

新型「インサイト」の外観は、ワイド&ローで迫力を表現。フロントグリルに刀のような美しい金属の質感を表現したクロームメッキのバーが装着されるとともに、セダンでありながら流麗なクーペスタイルとすることで、存在感と品格が共存したデザインになりました。

ホンダは3代目新型インサイトのフルモデルチェンジを行い2018年12月14日に発売する。3度目の復活となるが果たしてどうなるか?1.5L 直4 +高出力モーター(SPORT HYBRID i-MMD)搭載。新型プラットホーム「Honda compact global platformを採用。

新型インサイトが誕生する。発売時期は2018年2月頃を予定。価格や燃費性能その他スペックまで最新情報を公開。プリウスハイブリッドvs 3代目インサイトが実現しそうだ。新型インサイトphvは誕生するのか

Honda(ホンダ)が3代目となる新型「INSIGHT(インサイト)」を発売した。高級とは違う上質なデザインと、ハイブリッド車とは思えない快適な走りと居住空間を実現した。インサイトの戦略について分

新型インサイトはプリウスとほぼ同等もしくはちょい上の燃費性能があり、サイズも1800なのでサイズが大きすぎるというほどのものではない。 ホンダセンシングなど先進安全技術は標準装備なので、プリウスと比較するとインサイトが上だろう。

4.2/5(146)

トヨタは新型「プリウス」のマイナーチェンジを行い日本では2018年12月17日に発売した。ホンダは3代目となる新型インサイトのフルモデルチェンジを行い2018年12月20日に発売した。2009年5月18日に発売した3代目の先代プリウスと20

新型インサイトには、1.5リットルエンジンに2モーターi-MMDやホンダセンシング全機能標準搭載、静粛性と走行安定性を担う車体、およびサスペンション技術など、技術的に特筆すべき点はあるのだが、それはすべて「デザインを具現化していった結果である

ホンダのインサイトは2014年3月に販売を終了して以来、3代目モデルを復活させるという噂がでています。初代、2代目ともに販売台数が思うように延びずトヨタのプリウスに完敗。現在も人気の高いハイブリッド市場を取り戻すため、新型インサイトをフルモ

また、新型インサイトのベース価格は2万3000ドルを切る2万2830ドル(約252万円)に設定。 アメリカンホンダは、151hpのシステム出力は他のハイブリッド車に比べて力強く、燃費も米国市場で最高のハイブリッド車、としています。

帰ってきたインサイト君はスーパー優等生でありました。 ということで新型インサイト(上級グレードのex)に試乗してきました。正直思ってたよりもかなり感触よかったです。 今後のホンダに期待が持てる1台となったのではないでしょ

新型インサイトの内装(コックピット・インパネ・ラゲッジスペース)まとめ。2019年に日本国内へ導入予定のホンダ新型インサイトはシビックの上位モデルのハイブリッドカー。グレードによってインテリアカラーや装備の設定が異なる。

新型インサイト発売 オーソドックスにまとめられたが大きさと価格が気になる; ホンダ、新型インサイトの実車を披露。年内発売決定で予想価格は? 新型インサイトの公式画像&情報が発表される。燃費は

【ホンダ インサイト 新型試乗】乗り心地がさらに上質になれば「鬼に金棒」青山尚暉. 大人のための純然たるセダンに変身

インサイトのタイヤのおすすめでは、低燃費に加えて静粛性能やウェット性能、摩耗ライフ性能などに優れたタイヤを紹介。特に、ハイブリッドシステムやホンダインサイトを搭載した新型インサイトには、快適性や安全性が高い低燃費タイヤがおすすめです。

2018年6月、美しいセダン車として華麗なる復活を遂げたホンダ・インサイト。 高級感溢れるフォルムは高めの世代に好まれそうな雰囲気とお思いかもしれません。 しかし、やんちゃなカスタムだってできるんです。 インサイトのカスタム、ご紹介します!

今回は、2018年12月14日に発売となった3代目となる新型ホンダ「インサイト」と、2018年12月17日にマイナーチェンジを行った新型トヨタ「プリウス」がどう違うのか!?運転のしやすさ・燃費性能・加速性能・室内の広さ・安全性能・価格など、試乗した上で隅々まで比較いたします。

2019/01/26 11:03 【新型インサイト試乗】復活のインサイトは、見ても乗っても「hvらしくない」自然さが魅力

連載/金子浩久のeクルマ、aクルマ ホンダの新型「インサイト」が3代目として再々登場した。初代は2ドアクーペ、2代目は4ドアハッチバック

ホンダ新型インサイトの最新情報を徹底解説!2018年に3代目としてフルモデルチェンジ。外観・内装デザイン、パワートレインや新ハイブリッドシステムなど注目所がたくさん。日本仕様はオリジナル要素

ホンダのハイブリッド専用セダンの新型インサイトの売れ行きについて今回チェックしてみた。 高級感のあるクーペスタイルのセダンとしてデビューした3代目インサイトだが、出だしは好調と言えそうだ。

3代目となる本田技研工業の新型「インサイト」は、ハイブリッド専用車のコンセプトはそのままに、ミドルサイズセダンへ

初代、2代目とプリウスの幻影を追うかたちになっていたインサイトだが、新型である3代目はボディサイズからもプリウスの対抗馬ではなく、独自路線を突き進もうというホンダの強い意志が感じられる。 装い一新で再起をかける新型インサイトに試乗。