[PDF]

エアロダイナミクス モビリティを再考する 単位の追求が意味を持つ: (=抗力)の低減 空力性能向上策の詳細 新開発: 形状を磨き抜いたエクステリアミラー アウディ 初採用 :バーチャルエクステリアミラー フルカバー:アンダーボディ

[PDF]

Audi R8 Coupé V10 performance quattro [オプション装着車] 写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。日本仕様は、予告なく変更となる場合があります。 見る者すべてを一瞬で虜にする洗練されたエアロダイナミクスを持つリヤビュー。

[PDF]

06 Audi A3 Sportback 40 TFSI quattro sport [オプション装着車] 写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。 07 Audi A3 One touch faster. 瞬時に操る。よりシンプルに、より素早いギアチェンジを。そのダイレクトな操作フィールは、全車に新採用の7速Sトロ

クリックして Bing でレビューする5:31

Feb 24, 2016 · エアロダイナミクス開発責任者のモニ イスラムが、Audi A4のエアロダイナミクス開発における目標や、開発の裏話を語りました。 細部まで

著者: Audi Japan / アウディ ジャパン

先進のエアロダイナミクス 四輪操舵も設定. 乗り心地に関しては、オプションのエアサスペンションが細かな振動を抑え込むが、荒れた路面の感触は、やや過剰ともいえるほどの鮮やかさでドライバーの下半身に伝わってくる。

Audi e-tron Sportback e-tronを超える航続距離を実現した最高のエアロダイナミクス 「Sライン エクステリア」と「バーチャル エクステリアミラー」を装備したe-tron スポーツバックは、わずか0.25という優れたCd値を誇る。

第45回東京モーターショー2017(2017年10月25日(金)~11月5日(日))に「Audi Q8 sport concept」を日本初出展した。 Q8 sport conceptについて. ニュースリリースより. Audi Q8 sport conceptでは、フロントとリヤに施されたエアロダイナミクスのための処理が、まず目を引きます。

Audi AG エアロダイナミクス開発責任者 モニ・イスラム氏《トークセッション「エアロダイナミクス 喜びと感動への、極限のチャレンジ」》

Feb 22, 2019 · 2019年2月21日、Audi R8 LMSでSUPER GTを戦う「Audi Team Hitotsuyama」が2019年の参戦体制を発表した。 Audi Team Hitotsuyamaは、2019年も引き続きアウディ ジャパンとパートナーシップを組み、SUPER GTのGT300クラスに参戦する。 市販モデルの「Audi R8」がフェイスリフトしたのにともない、FIA GT3マシーンの「Audi R8 LMS

Nov 14, 2016 · いまや定番のクロスオーバーモデル「Audi A4 allroad quattro」を試乗。ultraテクノロジーを導入した新開発のquattroもチェックする。 すでにニュースでもお伝えしたとおり、Audi A4 Avantがベースのクロスオーバーモデル「Audi A4 allroad quattro」 がモデルチェンジし、日本でも2016年9月から販売が開始された。

audiのコンパクトsuv q3に乗ってドライブした話。 エクステリアはエアロダイナミクスを追求したルーフラインが採用されており、空気抵抗係数(cd値)0.32という小さい数値が実現されていることも特

最適に組み合わされたさまざまなエアロダイナミクスの革新技術により、優れた空気抵抗係数(Cd値)を達成。空気の流れをコントロールすることで走行安定性が一層高められるのと同時に、胸踊るダイナミックなドライビングを実現します。

洗練のエアロダイナミクスと、見事なルックスに、アウディ先進の技術が詰め込まれています。6気筒エンジン+48vシステムのマイルドハイブリッドを搭載した、スポーティ・セダンを標榜するこのクルマに、テスターはどのような評価を与えるのでしょうか

[PDF]

がエアロダイナミクスで、新型Audi A4は、クラス最高の空気抵抗係数(Cd)0.23*(欧州仕様)を達 成しています。 新型Audi A4はまた、安全性と快適性の面でもこのセグメントの新しいリーダーと呼ぶにふさわしいク ルマに仕上っています。

audi a6 avant×abt kit!!! こんばんは、シノハラです. 本日ご紹介するお車はコチラ!! 大阪店初入庫の新型audi a6 avantです!! コチラのお車ですが、ディーラーでお車をオーダーする前からお問い合わせ頂き、ご連絡頂いた内容が

著者: Bondos

GT 300 2019年、Team Hitotsuyamaは、エアロダイナミクスや耐久性の向上を果たしたAudi R8 LMS 2019年モデルでGT300クラスに参戦します。ドライバーは昨年同様リチャード・ライアンと富

エアロダイナミクス(ダウンフォース)とは? ウィングやカナードといった、空力パーツと呼ばれるものは、飛行機の翼を上下逆さまにしたものとほぼ同じ形です。

audi q7 4m abtエアロ リヤモニター取り付け. こんばんは芦田です。 とうとう今年も明日までの営業となり、着々と仕上がった御車の納車ラッシュで最後までバタバタしそうですが・・・ あと一日、気を引き締めて頑張っていきますよ

著者: Bondos

アウディの美学を追及したそのシルエットは、エレガントとダイナミクスを融合! しかも、ボディの随所に施されたエアロダイナミクスにより走行性、燃費、静粛性をも向上させています。 Audi A6に貫かれているのは、躍動するダイナミズムと精緻さ

走行性能. Audi A4のTFSIエンジンが追い求めたのは、パワーの増大と燃焼効率の向上です。加えて、あらゆる走行シーンにおいて、優れた操作性と、まるで4輪で路面を掴むような走行安定性を実現するのが、Audi独自の4WDシステムquattro®です。

エアロダイナミクスや安全性、クワトロシステム、さらにアウディ スペース フレームなどが挙げられますが、このアウディが持っている最先端

エアロダイナミクスを意識した形状のドアミラーやルーフスポイラーは、スマートかつ堂々とした雰囲気を醸し出すアクセントに。そして、俊敏な走りを演出するアルミホイールと、クロームメッキのテールパイプがアンダーラインを引き締めます。

GH-8NAUQ・TTクーペ(アウディ)の総合情報。Goo-net自動車ガイド。GH-8NAUQTTクーペ(アウディ)の基本スペックやグレード一覧、中古車価格帯などの情報を

アウディ A7スポーツバックのニュース、口コミ、レビューや実燃費情報、また自動車評論家やライターによる記事を数多く掲載。価格・グレードなどの諸元表から気になるグレード同士を比較することもできます。アウディ A7スポーツバックの情報を探すなら、Yahoo!とカービューが運営する

3.7/5(46)

単にホイールベースの拡大だけではなく、サスペンションの改良、エアロダイナミクスの改良、前後重量配分の改良等多くの要素が関係していると思われる。 Audiが採用している最新世代のACCである。

A6の中古車を一覧で見る。カタログから最新のアウディ情報もチェック!中古車・中古車情報のことなら【グーネット中古車(Goo-net)】!中古車

欧州車の中でも一際人気の高いアウディ!そんな人気急上昇中、アウディのカスタム方法などを紹介していきます。アウディ好きな方やこれからアウディをカスタムしようと考えている方には是非参考にしていただき、自分らしい素敵なアウディへとカスタムしてみてはいかがでしょうか?

新型A4セダンのCd値0.23には及びませんが、新型A4アバントもワゴンとしてはクラストップレベルのCd値0.26を達成するなど、燃費や静粛性能を含む

アウディttクーペ(audi tt coupe)のエンジンは、2l 直列4気筒dohcインタークーラー付ターボ(200ps)と、3.2l v型6気筒dohc(250ps)。 エアロダイナミクスは煮詰められていて、アンダーフロアもフルカバードとなる。

4.5/5(12)

[Audi A4] Interview / 開発責任者が語るエアロダイナミクス [アウディ ジャパン] – Duration: 5 minutes, 31 seconds. Audi Japan / アウディ ジャパン 8,337 views

閲覧数: 3.8M

GH-4FAUKS・A6(アウディ)の総合情報。Goo-net自動車ガイド。GH-4FAUKSA6(アウディ)の基本スペックやグレード一覧、中古車価格帯などの情報を車種ごとに

今回の試乗会ではエアロダイナミクスのエンジニアに話が聞けたが、その方が頻繁に口にしていたのが「アコースティック」という言葉

しかも、ボディの随所に施されたエアロダイナミクスにより走行性、燃費、静粛性をも向上させています。 Audi Qシリーズの新たなアイデンティティとなるシングルフレームグリルを採用するとともに、明確で力強いラインが特徴のエクステリアデザイン

アウディの美学を追及したそのシルエットは、エレガントとダイナミクスを融合! しかも、ボディの随所に施されたエアロダイナミクスにより走行性、燃費、静粛性をも向上させています。 Audi A6に貫かれているのは、躍動するダイナミズムと精緻さ

最新車種から旧モデル, チューニングカー, コンセプトカー, レーシングマシンなど、アウディの高画質壁紙画像とカタログ情報を掲載しています。

「Audi A1 sportback」の基本スペックについて、詳細は以下の通りです。 バンパーやディフューザー、エアロダイナミクスを考慮したドアミラーなどもアクセントとなり、スポーティさとアウディならではの上質さを演出しています。

一目見ただけで、a3よりもかなり大きくてエアロダイナミクスも向上していることが分かる。 フロントオーバーハングを短かくしてリアオーバ-ハングを伸ばした結果、ダイナミックな印象が強くなった。

アウディの美学を追及したそのシルエットは、エレガントとダイナミクスを融合! しかも、ボディの随所に施されたエアロダイナミクスにより走行性、燃費、静粛性をも向上させています。 高出力と環境性能を両立するtfsiエンジン。

[Audi A4] Interview / 開発責任者が語るエアロダイナミクス [アウディ ジャパン] – Duration: 5 minutes, 31 seconds. Audi Japan / アウディ ジャパン 8,337 views

閲覧数: 3.8M

アウディの新型a5の受注が開始され発売日も決定しました。9年ぶりにフルモデルチェンジして、さらにデザインに磨きがかかったアウディクーペ。2代目a5となる新型モデルの外装・内装、日本発売日や価格情報などをまとめています。

【アウディA4・A5比較】Audi人気モデルの性能や燃費の違いからおすすめは? 2016年から販売されている5代目の現行モデルは、エアロダイナミクスを考慮した設計により、クラス最高レベルのCd(空気抵抗係数)値を達成しました。

Audi認定中古車の5 そのシルエットは、エレガントとダイナミクスを融合。しかも、ボディの随所に施されたエアロダイナミクスにより走行性、燃費、静粛性をも向上させています。

注目の性能面ですが、優れた環境性能と走行性能を実現する「tfsiエンジン」、燃費性能を高める「エアロダイナミクスボディ」、エネルギー消費量を大幅にカットすることに成功した「ledポジショニングライト」などを装備。

エアサスペンション仕様車は、高速クルージング時に自動的に車高を下げることでエアロダイナミクスを向上させたモデルです。最大でcd値0.31へと向上させましたが、これはセダン車並みのエアロダイナミクスとなります。 エクステリア・インテリア

Audi e-tron 55 quattro アウディ e-tron 55 quattro . 標準装備されるスポイラーとリヤエンドのディフューザーは、e-tronの優れたエアロダイナミクス性能に貢献。

アウディは、改良新型『A5クーペ』(Audi A5)の概要を発表した。実車は9月10日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー2019(Frankfurt Motor

アウディのアウディスポーツはスポーツクーペ新型r8/tt rs用のパフォーマンスパーツを公開した。アウディスポーツはクワトロ社が会社名を変更。ドイツ国内で2017年夏後半から販売を開始する予定だ。アウディスポーツ新型r8/tt rs用のパフ

アウディ(Audi) アウディの最上級SUV、Q8 に頂点「RS」ロサンゼルスモーターショー2019で発表へ 2019年11月15日. アウディは11月14日、米国で11月20

アウディは100%電気で走るSUV『アウディ・e-tron(イー・トロン)』を発表し、本格的にEV市場への参入を果たしました。そんなアウディは、電気自動車レースの最高峰『フォーミュラE』への参戦や、量産型電気自動車開発を早い段階で発表してきたため、今回のe-tronはユーザーの期待を裏切ることは

力強く洗練されたプロポーションと、優れたエアロダイナミクス、この両者を実現した新しいAudi A4。伸びやかなルーフライン、軽快さを感じさせるなだらかな傾斜のラゲッジコンパートメントなど、洗練のエクステリアデザインに仕立てました。

2018年9月に、市販バージョンがアメリカで世界初公開された「アウディe-tron」。SUVスタイルのEV専用モデルがみせる走りは、内燃エンジン搭載車と

アウディは100%電気で走るSUV『アウディ・e-tron(イー・トロン)』を発表し、本格的にEV市場への参入を果たしました。そんなアウディは、電気自動車レースの最高峰『フォーミュラE』への参戦や、量産型電気自動車開発を早い段階で発表してきたため、今回のe-tronはユーザーの期待を裏切ることは

A4(アウディ)車カタログでお気に入りのA4がきっと見つかる。A4に関するスペックやクチコミ情報をゲット!リクルートが運営する中古車の情報サイト「カーセンサーnet」!

アウディ80時代を含めて、9代目に移行した新型アウディa4。 エアロダイナミクスの徹底追求や、エンジンパワーと燃費向上、ステアリングへの

Audi TT RS Coupe アウディTT RSクーペ リヤセクションで最も印象的なのは、特徴的な翼端板を持つ固定式リヤウイングだろう。エアロダイナミクス性能を追求し、ダウンフォースレベルを大幅に向上

ランボルギーニの場合は、近年alaシステムと呼ばれるアクティブ・エアロダイナミクスを採用しており、ストレート走行時はウイングの下に空気を噴射することにより気流を剥離し、ウイングを意図的に失速させて空気抵抗を減らしたり、コーナーリング時

またAudi Q2はエアロダイナミクスの面でも洗練されており、Cdは0.30と、SUVのなかではトップレベルの値を実現しています。

ボディ剛性をさらに34%、エアロダイナミクスにおいてはCd値を13%向上させた。バリエーションはエンジンタイプ毎に、4200ccのV8搭載「4.2クワトロ」、3200ccの直噴「3.2FSIクワトロ」、2400ccのFF駆動「2.4」の3タイプ。

新しいA4は、まさに正常進化というもので、スタイリングを大きく変えること無く、エアロダイナミクスを改善。クラス最高のCd値0.23(欧州仕様)を達成し、重量は従来モデルに比べて最大120kg軽量化され

このAvant用は、Audi A4 Avantのルーフレールに確実に固定できるよう設計され、また、エアロダイナミクスを考慮したデザインにより風切り音が小さいのも特徴です。